パウダーファンデーションはスポンジよりも薄付き仕上げができるブラシがオススメ

メイクの一番土台となる、肌作り。ここから始めていきメイクアップしてしていくのが普通なのですが、これに欠かせないのがファンデーションです。ファンデーションは肌を整え、その後のメイクの付きや持ちを良くする効果があるだけでなく、紫外線や風、ホコリなどの刺激からお肌を守る役割をしています。

ファンデーションにはいくつか種類があり、保湿が優れており、カバー力もあるクリームファンデーション、油分が少なくサラッとしているリキッドファンデーション、軽い付け心地でサッと仕上がるパウダーファンデーションなど代表的なものはこの3つです。

それぞれのファンデーションに使い方、使い心地があるのですが、その中でも3つ目のパウダーはブラシ使いとスポンジ使いの2つが出来、それぞれに使い方、メリットがあるのです。スポンジ使いの場合、量を多く塗れるので、カバー力があり、隠したい部分を中心に塗ればある程度は隠せます。

一方ブラシ使いの場合、キメ細やかな粒子となり、肌全体に満遍なく乗せることが出来、薄付きでふわっとした印象を与えることが出来ます。『あまり重たく感じたくない』『少し出かけるだけだから』など軽くメイクをしたい場合はブラシの方がオススメだと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。