パフやスポンジの正しいお手入れ方法

毎日使っているメイク道具のパフやスポンジですが、きちんとお手入れしているという人は少ないです。
赤ちゃん06

パフやスポンジは直接お肌に触れるもので、汚れるだけでなく、雑菌が繁殖してニキビの原因になってしまうこともあります。
保湿をきちんとしているのに、ニキビや肌荒れが治らないと言う時は、汚れたスポンジに雑菌がついているせいかもしれません。

また、同じスポンジを使い続けていると、ムラになるなどの、メイクがきれいに仕上がらなくなることもあります。

スポンジの正しいお手入れの仕方は、使い捨てのものが一番清潔ですが、繰り返して使う場合は、使う度に洗うことが大切です。パフも最低でも2~3日に1回は洗うようにしましょう。

洗い方は、パフもスポンジも同じで、中性洗剤をぬるま湯に溶かし、やさしくもみ洗いします洗い終わったらそのままにせず、キッチンペーパーで水分を取ってから、陰干しして乾かします。汚れがひどくなければ、水洗いだけでも構いませんし、状況によって石鹸を使うことも可能です。専用のスポンジクリーナーも販売されています。

パフやスポンジをきちんとお手入れして、衛生的にきれいにメイクすることが、お肌にとって大切なことです。

コメントは受け付けていません。