パフの選び方のポイント

ファンデーションを使う際にパフは重要な役割を担っています。
素材やキメ細かさなどによってファンデーションの仕上がりが変わってくるからです。
コンパクトタイプやホームユースタイプやリキッドファンデーションタイプなど化粧品の種類や用途によっても分かれています。

選び方のポイントとしては、厚みや肌触りや大きさなどを御自身の肌や使用する化粧品に合った物を選ぶことです。
SBRタイプの場合、価格が安く、汚れたら取り替えるということが容易であり、他の製品に比べて使用後の洗浄が必要ありません。

コンシーラーやチークのぼかしに適しています。
リキッドファンデーション用の物はファンデーションが染みこみ過ぎないように設計されており、ファンデーションの使い過ぎを防ぐことが可能です。
ホームユースタイプは、大きく厚みがあるのが特徴であり、おでこや頬などの広い部分にファンデーションを塗るのに適しています。

丸みのある部分で口や鼻周りなどを仕上げることも出来ます。
コンパクトタイプは持ち運びに便利ですが、薄くて面積が小さい分ムラが出来やすいという弱点があります。
ファンデーションのタイプや塗る場所によっても色々と選ぶことが出来ます。

コメントは受け付けていません。