チークブラシの選び方のポイント

チークブラシは他のメイク道具に比べて付属のブラシが硬い傾向にあり、それだけは単品で買ってしまう、という方も多いかと思います。そんな中、種類がありすぎて、どれが自分に合うのかわからない、という方は以下の選び方の基準があるというのを知ってもらいたいです。

ブラシの毛の種類は大きく「ヤギ毛」「ポニー毛」「灰リス毛」「人口毛」の4種類に分かれます。
まず、肌触りでは、硬さはヤギ毛、ポニー毛、灰リス毛の順に硬く、人口毛はブランドなどによって硬さは異なりやすいです。ヤギ毛は硬いからダメなわけではなく、寧ろ粉含みはよく、発色もしっかりしやすいですが、敏感肌の方にとっては刺激が強すぎる、ということです。そして灰リス毛は、柔らかく、肌触りも良いのですが、非常に高価な上、ブラシ手入れが大変なので、普段使いにはあまり向きません。

次に、サイズですが、小さめと大きめだと、大きめの方が左右対称に入れやすく、また、動かす範囲も狭くて済むので大きめのブラシの方が扱いやすいです。ただ、頬骨のあたりに直線状にチークを入れてクールに見せたい、など具体的なチークを入れるイメージがある方は小さいブラシの方が納得のいくメイクができることと思います。大きいブラシも、大きすぎると思ったよりも広い範囲にチークが広がってしまったりするので、買う際は必ず、鏡を見てどの程の大きさの範囲に広がるのか、の確認をするべきでしょう。

コメントは受け付けていません。